読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

因幡の白猫〜備忘録〜

D600とGF1でのんびり撮影中。 鳥取県より配信中(*´∀`) このブログに掲載されている写真・画像を無断使用することを禁じます。

                                                                 撮った写真は忘れぬうちに・・・ フォトブログ

日御碕神社と出雲日御碕灯台

D600 島根

日御埼神社-8

いつもの様に前回からだいぶ間が空いてしまってますが、出雲撮影の続きです。

今回は、出雲に行ったらぜひ行って欲しい 出雲日御碕灯台と日御碕神社です。

 

日本の夜を守る日御碕神社

日御埼神社-1

日御碕灯台へ向かう道から少し脇道に逸れたところにある、日御碕神社です。

楼門は残念ながら工事中の模様。

 

日御埼神社-2

楼門をくぐると大きな松の木と『日沈宮』が目の前に。

日御埼神社-4

日御碕神社には、スサノヲノミコトが祭られる『神の宮』とアマテラスオオミカミが祭られる『日沈宮』があります。

古事記に詳しくない私でも一度は聞いたことのある有名な神様です。

 

東の伊勢神宮と西の日御碕神社

東の伊勢神宮が日本の昼を守り、西の日御碕神社(日沈宮)が日本の夜を守ると記されているそうです。

日御埼神社-6

朱色の社殿がとても綺麗です。

日御埼神社-5

神の宮も撮影したつもりだったのですが、参拝だけして撮影を忘れていました・・・。

そのため、写真は全て日沈宮です。

 

海と奇岩と出雲日御碕灯台!

日御碕-1

稲佐の浜と同じくこんなに晴れた日に撮影に来るのは初めての日御碕灯台。

白亜の灯台と青空・・・。想像するだけで絵になる!と浮かれながら海鮮丼を横目にお昼ご飯も忘れて、灯台へ急ぎます。

 

日御碕-3

快晴とはいきませんでしたが、青と白のコントラストが気持ち良い!

平日ということもあって、観光客もまばらで撮影し放題です。

 

日御碕-5

白亜の灯台を目にするとどうしても近くに寄って行きたくてってしまいますが、そこはぐっと抑えて、まずは海岸側の遊歩道へ行くことをお勧めします。

カップルが記念撮影している場所も良いですが、いかんせん近すぎて写真では入りきりません。

日御碕-10

遊歩道の崖ぎりぎりから撮影。

崖と海が一緒に撮影できるのでこちらから撮影するのが個人的にお勧めです。

広角レンズを持っていなくても灯台の全体をおさめることもできます。

 

日御碕-12

上の写真から海側を撮影するとこんな感じです。

釣り人のいる位置まで下がればもう少しローアングルで撮影できそうですが、日御碕独特の柱状の奇岩があることでかなり歩きにくく、大きな切れ目などもあるので降りるのは結構大変そうです。 

 

日御碕-13

こんな感じでかなり歩きにくいです。

 

日御碕-8

水たまりに反射させてみたりといろんな楽しみ方があります。

 

日御碕-15

右下は私です。

ここの崖もよく記念撮影している方を見かけます。

 

日御碕-16

奇岩と海と灯台のコラボを堪能した後は、一気に灯台に近づいて撮影です。

近くで見てもちゃんと白い。この白さを維持するのは大変だろうな〜。

 

日御碕-17

出雲日御碕灯台は、43.65mと日本一高い灯台です。

参観料200円で灯台の上に登ることができますので、天気が良い日はぜひ登ってみて下さい。

灯台の写真をよく見ると登っている人たちが見えます。

実際登るとなると163段の螺旋階段との勝負になりますが・・・。

 

日御碕-19

 お土産屋さんの看板犬に別れを告げて、日御碕を後にします。

 

今回はこの辺で。

 

 

inaba-no-sironeko.hateblo.jp