読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

因幡の白猫〜備忘録〜

D600とGF1でのんびり撮影中。 鳥取県より配信中(*´∀`) このブログに掲載されている写真・画像を無断使用することを禁じます。

                                                                 撮った写真は忘れぬうちに・・・ フォトブログ

久しぶりのニューフェイス!大山で試写してみました。

D600 大山

鳥取 植田正治写真美術館周辺-10

大変遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

最初の記事は、新年に撮影したものを使いたかったですが、なかなか予定が立たず。

このままでは、1月も終わってしまいそうなので去年の撮影分でスタートです・・・。

 

さて今回は、レンズを購入した話です。

基本的にこのブログではレビュー的なものはしませんので、いつも通りの写真垂れながし&個人の感想記事です。

私自身レンズの良し悪しを見極める目を持っていませんし・・・。

 

前置きが長くなりましたが、今回購入したレンズは、

AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED 超広角単焦点レンズです!

鳥取 植田正治写真美術館周辺-3

私が、D600を買った最初の目的は綺麗な風景を超広角レンズでとってみたい。

その一心だったはずなのですが、いざ購入しようとしたときに同時購入予定だった16−35mmF4が品薄で、なぜか28mmf1.8を購入(ナノクリで安かったから(笑)

広角レンズは本体操作に慣れてからにしようと思いつつ、単焦点レンズに嵌ってしまいそのまま2年がたっていました。

2014年の夏に発売されたレンズですが、最初のうちは品薄で手に入りそうもなかったので、出張の合間にニコンストアで触るだけの日々だったのですが、最近になって在庫のあるお店も増え、値段の落ち着いてきたので購入しました。

鳥取 植田正治写真美術館周辺-5

鳥取 植田正治写真美術館周辺-9

開放だと周辺減光が強めに出ますが、私は嫌いじゃないので問題なしです!

気になるときは、現像するときに持ち上げればいいいですし。

さすがに、20mmともなると28mmで撮影するより、2回りくらい広く感じます。

鳥取 植田正治写真美術館周辺-7

明るいレンズなのでしっかりと背景がぼけてくれます。

うーん楽しいレンズです。

鳥取 植田正治写真美術館周辺-11

鳥取 植田正治写真美術館周辺-12

色乗りもよく、空を撮るのはもっと楽しくなります。もっとはやく購入しておけばよかった・・・。

しかも、しっかり寄れるレンズなので主題に寄りつつ、背景を写し込むような使い方もできそうです。鳥取 植田正治写真美術館周辺-13

これで持っている単焦点レンズは、15mmf2.8(魚眼)、20mmf1.8、28mmf1.8、50mmf1.8、85mmf1.8となって一通り揃ったかなという感じ。

いつも撮影にいく場合は、この中から2〜3本持っていく感じです。

超広角といっても20mm。画角的にかなり使いやすいレンズだと思います。

それにしてもF1.8シリーズは軽い・安い・写りがいいの三拍子揃ったレンズばかりですね。

あとは24mmと35mmか・・・。

 

 

我慢です。